著書「為替商品取引の実務」

弊社代表者(アナリスト工房 蜂須賀一誠)が執筆した外国為替と為替商品の本です(出版社HPの本書紹介アマゾンHPの本書紹介)。新たな市場動向と為替実務のニーズに合わせ、前著『外国為替の基礎実務』を全面刷新しました。

蜂須賀一誠 著『為替商品取引の実務』中央経済社
(2013年7月刊行・全298頁・定価3,456円)

外国為替の市場と相場への基本事項、先渡(為替予約)、オプション、スワップの仕組みを説明のうえ、貿易と海外投資での活用のポイントを事例・教訓とともに取り上げました。
事業法人の企業財務での為替管理、事業計画・IR(投資家への情報開示)のための想定為替レートの見積もり、機関投資家やPB(プライベート・バンキング)顧客の海外投資での為替戦略が主な対象です。
取引例に沿って会計面も紹介していますので、外貨建換算・ヘッジ会計への入門にもご活用下さい。


【本書の内容】

基礎編「外国為替分野の入門から為替商品の仕組みまで」
1.外国為替の入門事項
2.為替相場の決まり方
3.為替直物取引とその市場 
4.為替先渡取引(為替予約)の仕組み
5.通貨オプションの仕組み(権利の売買とは?) 
6.通貨スワップの仕組み(キャッシュフローの交換とは?) 

応用編A「貿易の為替ヘッジでの為替商品の活用」
1.為替管理の概論(為替リスクを想定のうえ姿勢を明確に) 
2.管理体制のポイントと留意点
3.想定為替レートの決定
4.為替リスクへの対処と為替商品の活用
5.為替商品の管理実務のポイントと正しい活用のために

応用編B「海外投資の為替戦略」
1.海外投資と為替の役割
2.為替の変動メカニズム(“為替パリティ”とは?) 
3.為替ヘッジとそのリバランスのプロセス

株式会社アナリスト工房