Home

外国為替、海外投資、企業分析などの話題を舞台裏とともにわかりやすく解説します。

<最近の更新情報>

2021年9月21日「外国為替」ルーブル高の舞台裏はEUの米国離れ

ロシア通貨が年初来上昇率No.1。ドイツへのロシア産ガス供給拡大へ

米大統領の狙いどおり、ドイツがロシアへ走り、フランスは米国を去った

2021年9月8日「その他」アフガンを中国へ導く米イスラエル

タリバン新政権を中国へ走らせる、アメリカ流の奇策がたっぷり展開

アフガンが向かう一帯一路には、すでに完成したイスラエルの新港

2021年8月24日「その他」アフガン陥落の舞台裏 嫌戦と一帯一路

We Shall Never Return. 米軍兵器850億ドルの「置き土産」は語る

中国主導の公共大事業が、米ドル資金を絶たれたアフガンを復興へ

2021年8月11日「海外投資」日本勢の米国債外しが本格化

為替ヘッジ付きが外され、ネガティブなヘッジ操作での差損が減少

差損を生む不自然な為替誘導を許さない仕組みの確立が課題

2021年7月29日「外国為替」コロナ情報の非対称に負けるな日本!

変わり身のはやいウィルスは、ワクチンよりも「自然免疫」の力が有効

今年も疫病克服したスウェーデン。その新たな有力情報を読み解く

2021年7月15日「その他」アナリストの納骨工夫とコロナ予防

読経は続くよ、いつまでも。火葬後の法要充実策「本山納骨」

予防服用したイベルメクチンが、想定外の治療効果を発揮!

2021年7月5日「外国為替」米連銀の資金回収は通貨リセット級

リバースレポ(RRP)は、早くもQE4マネーの約4分の1を回収済み

デジタル中国元が脅威。米ドルの番人は全て回収、再起動の構え

2021年6月21日「外国為替」米連銀の利払いがQE巻き戻しを加速

リバースレポが付利され、QE4マネーはすでに18%回収!

非米国債を中心に、QE自体の資金供給ペースは縮小へ

2021年6月7日「外国為替」FRBの社債売却はQE4縮小の幕開け

史上最高のリバースレポによる米ドル回収だけでは不十分

ロシアの”ドル外し”が米国の通貨防衛(QE縮小)を後押し

2021年5月27日「海外投資」QE4縮小前に資金回収を始めた米連銀

1980年代の悪性インフレ再燃への懸念が、大規模緩和にノー

NY連銀のリバースレポが、早くもQE4マネーを1割回収済み

2021年5月17日「企業分析」輸出勢の21年度想定 1ドル=105円主流

過度の米インフレを踏まえ、ドル安リスクが適切に想定

想定為替レートの水準は、いつどのように決まるのか?

2021年5月7日「その他」アナリストの葬儀再考と読経実践

コロナ流行をきっかけに、最も効率的な”火葬ファースト”が主流に

火葬を充実させる炉前読経を家族がやり遂げる大きな意義

以前の記事一

------------------------------------------------------------------------------------------

わたくしどもアナリスト(証券アナリスト、投資アナリストなど)は、世界の経済を担う国々・企業・人びとの動向を踏まえ、市場の実態を調査のうえ読み解き、金融商品や為替を分析・評価しております。

当サイト(アナリスト工房の公式サイト)は、皆さんがアナリストの仕事を気軽に見学できる「工房」をイメージして立ち上げました。

その主要コンテンツは、次の分野の話題や時事問題を基本からわかりやすく解説した記事です。各テーマの現場と舞台裏を臨場感とともに取り上げながら、物事の本質と核心に迫ります。

【主要コンテンツ】

企業分析:決算書の見方と会計、企業価値の評価、ガバナンス改革など

外国為替:通貨の制度と体制、為替市場の動向、政策の為替影響など

海外投資:つかんでおきたい世界の情勢、市場動向、金融商品の仕組みなど

その他: 知っておきたい経済、政策・政治、国際関係など

どうぞ気軽に、わたくしどもの工房をご見学ください。