Home

市場のさまざまな話題を舞台裏とともに生々しく核心に迫り解説

<最近の更新情報>

2022年8月8日「海外投資」FRB引き締め加速を導く裏QE

有事の米国債売りを未然に防いだのは、米政府預金発の巨額投資マネー

アメリカの政府部門が、連銀の遅れ気味の引き締めペースばん回に協力中

2022年7月19日「海外投資」米国債を捨てる神と拾う神

中国の米債保有高1兆ドル割れ。捨てさせた悪神には、サウジも冷たい対応

巨額の貿易黒字国でなければ、米国債を拾う神の資格なし。ならば軍配は?

2022年7月4日「外国為替」QEマネー回収を急ぐ米国、せかす中露

QT本格化前に、あの回収奇策が大膨張。QE4マネーは47.5%回収済み

舞台裏では、「金1g=3000ルーブル=400元」の金本位試行が絶好調

2022年6月20日「海外投資」米連銀のW引き締め リバースレポとQT

0.75%利上げにより魅力が倍増した、FRBの「US RRP」に逃避マネーが殺到

さらに締め上げるQTの舞台裏は、米国債の価格急落が発した重大な警告

2022年6月6日「外国為替」自虐的な円安とロシア産ガス価格高騰

米10年債利回りが3.4%台に上昇すると、21世紀の日本円最安値更新か?

EUには過度のインフレ直撃。上昇率首位のルーブルは金連動も依然好調!

2022年5月23日「海外投資」米リバースレポに群がる裏QEマネー

2.67倍の利回り大幅アップが奏功。QE4マネーは早くも40.2%回収

裏QEを演じる米財政資金は、米国債も支えながら市場の音楽を再開

2022年5月9日「外国為替」FRBプレQTとルーブル金連動が好調

追加利上げで魅力を高めた米リバースレポが、ドル資金回収を早くも加速

ドル防衛強化の舞台裏は「金1g=4000ルーブル=400元」の中ロ連携

2022年4月25日「外国為替」ドル売り円買い介入は実現するかも!

米国債に連れ安の日本円には、むしろ中規模以下の為替介入が効果高い

アナウンスメント効果発揮のために、日銀マンネリ緩和を終える大きな意義

以前の記事一

------------------------------------------------------------------------------------------

わたくしどもアナリスト(証券アナリスト、投資アナリストなど)は、世界の経済を担う国々・企業・人びとの動向を踏まえ、市場の実態を調査のうえ読み解き、金融商品や為替を分析・評価しております。

当サイト(アナリスト工房の公式サイト)は、皆さんがアナリストの仕事を気軽に見学できる「工房」をイメージして立ち上げました。

その主要コンテンツは、次の分野の話題や時事問題を基本からわかりやすく解説した記事です。各テーマの現場と舞台裏を臨場感とともに取り上げながら、物事の本質と核心に迫ります。

【主要コンテンツ】

企業分析:決算書の見方と会計、企業価値の評価、ガバナンス改革など

外国為替:通貨の制度と体制、為替市場の動向、政策の為替影響など

海外投資:つかんでおきたい世界の情勢、市場動向、金融商品の仕組みなど

その他: 知っておきたい経済、政策・政治、国際関係など

どうぞ気軽に、わたくしどもの工房をご見学ください。