海外投資

つかんでおきたい世界の情勢、市場動向、金融商品の仕組みなど

<これまでの海外投資分野の記事>

QE4縮小前に資金回収を始めた米連銀(2021年5月27日)

1980年代の悪性インフレ再燃への懸念が、大規模緩和にノー

NY連銀のリバースレポが、早くもQE4マネーを1割回収済み

米インフラ開発計画は”一帯一路”(2021年4月7日)

法人大増税が米国企業を国外移転させ、中国主導で開発推進へ

雇用回復は期待薄。バイデン放漫財政をまかなう米国債がピンチ

米国債ビッグショート 日本発の逆襲(2021年3月9日)

バイデンリスクを被り、日本の投資家の為替ヘッジ差損が深刻

彼らの一部が米債売却。レポ市場の珍事がショートを史上最大化

出番ですよ!超長期50年物の米国債(2021年2月12日)

イエレン財務長官は、前政権から引き継いだ50年債構想に意欲的

市場ニーズの薄い超長期国債の発行目的は、国家破たん処理か?

中国は覇権国へ 米国債がヤバい!(2020年11月24日)

人民元の年初来上昇率No.1の舞台裏は、発行激増の米債換金処分

米債が示唆 トランプ再選と南北戦争(2020年10月29日)

自ら収賄で指腹を肥したバイデン候補など抵抗勢力は、最期の審判へ

ドル通貨の番人が最期に守る米国債(2020年9月4日)

海外中銀から回収したドル資金を活用し、米国債買い支えのQE4は加速へ

ECB利息放出オペ、米株高を助演(2020年7月9日)

欧州発の史上最大の資金供給が、米雇用水増し統計の悪影響を緩和

FRB無制限プリントマネーの狙い(2020年4月16日)

米レポオペとQE4により回収されたドル建て債務のリストラがはじまる

米中貿易休戦 不均衡是正は順調!(2020年1月23日)

関税制裁を続けるアメリカ、無理な輸入拡大を容認した中国の狙いは?

泥沼と化した米連銀の巨額資金供給(2019年12月10日)

レポオペと量的緩和の供給残高は3千億ドル突破。金融危機先送り

大凶 ヘッジ付き外債投資ブーム再開(2019年10月31日)

為替差損が積み上がる、理不尽なヘッジで負ける歴史は繰り返すな!

債券市場発 金融危機への最終警告(2019年9月20日)

量的緩和を再開する欧州、緩和推進を渋る米国のヤバい舞台裏

逆イールド米債 トランプの背水の陣(2019年8月21日)

短期はFRB征伐、長期は債権国との貿易戦争によりイールド是正へ

米中交渉とん挫の舞台裏と市場影響(2019年5月24日)

"貿易赤字バスター”のトランプの狙いと、米国債市場の最終警告

日銀緩和へ引導を渡す対米貿易戦(2019年4月15日)

日米貿易協定の為替条項が、日本のマンネリ量的緩和を強制終了へ

2米国債防衛をはじめたFRBの次の一手(2019年4月1日)

通貨の番人はドル防衛をあきらめ、米政権の狙いどおり利下げへ

FRB引き締めが債券バブルを崩壊へ(2018年10月5日)

ヘッジファンドと一緒に米国債を売り浴びせる米政策の狙いと舞台裏

仕組債の投資家必殺のカラクリ(2018年9月5日)

高利回りへのハシゴが外され、大きな投資損失が生じる危険はなぜ?

イスラエルへ引導を渡す米ロ首脳(2018年7月25日)

実体のない”ロシア疑惑”は、軍事利権にしがみつく抵抗勢力の悪あがき

米政権のイラン制裁が欧州を直撃(2018年5月31日)

トランプの抵抗勢力との戦いが中東・EU・イタリアへ波及

危険な外債投資を再び促す日銀緩和(2018年5月2日)

すでに量的緩和の規模は年35兆円に縮小。ジャパンマネーは国内回帰へ

トランプの戦い "真の敵"と市場影響(2018年4月20日)

貿易・軍事ともに本当の対戦相手は国内にあり!米国債とドルがヤバい

高利回りでもドルを守れない米国債(2018年1月24日)

アメリカの長期金利上昇は信用リスクの悪化が原因

米国債売りがドル防衛の秘訣(2017年10月25日)

南北戦争2017に挑むジャパンマネー(2017年8月28日)

金融危機再来を警告するシラー指数(2017年7月10日)

ヘッジ付き外債投資の必敗の仕組み(2017年6月26日)

日欧緩和が縮小、米引き締めは苦難(2017年5月25日)

フランス革命2017 EUは断頭台へ(2017年2月27日)

米国債とドルをめぐる米中攻防(2017年1月10日)

トランプ相場の主役は債券バブル崩壊(2016年11月25日)

中国市場のSDR債の仕組みと野望(2016年10月25日)

ドイツ銀行の凋落が止まらない(2016年7月25日)

中国の貿易統計と国際収支がヤバい!(2016年4月25日)

市場展望2016年 中国の影響は?(2016年1月12日)

騒動後の米債務問題はいっそうヤバい(2015年11月10日)

中国のQT(量的引き締め)とは?(2015年9月10日)

米中GDPお化粧バトル(2015年8月10日)

金融危機への引き金を握るギリシャ(2015年7月10日)

AIIBの資金源は米国債の売却代金(2015年5月25日)

いい加減やめたい日本の量的緩和(2015年4月27日)

米国を買い支える日本と売り崩す(2015年2月25日)

米国の失業率低下の主役と影(2015年1月13日)

サッサと終えたい日本の量的緩和(2014年11月25日)

CoCo債とは?(ヤバい仕組みとリスク)2014年10月10日

株式会社アナリスト工房