Home

外国為替、海外投資、企業分析などの話題を舞台とともにわかりやすく解説

【最近の更新情報】

2021年4月21日「外国為替」米政権の2重マスク、中国元を反発

対中貿易の輸入主力品の推奨策が、米貿易赤字をさらに悪化

冬季五輪で披露されるデジタル中国元がドル安元高を加速へ

2021年4月7日「海外投資」米インフラ開発計画は”一帯一路”

法人大増税が米国企業を国外移転させ、中国主導で開発推進へ

雇用回復は期待薄。バイデン放漫財政をまかなう米国債がピンチ

2021年3月25日「外国為替」東京五輪 中銀デジタル通貨への布石

冬のコロナ騒動は枯れ尾花。安全な五輪開催への環境は整った

北京五輪で披露される中国元CBDCが新通貨体制のたたき台に

2021年3月9日「海外投資」米国債ビッグショート 日本発の逆襲

バイデンリスクを被り、日本の投資家の為替ヘッジ差損が深刻

彼らの一部が米債売却。レポ市場の珍事がショートを史上最大化

2021年2月25日「企業分析」本気で史上最高値に挑む日本株指数

日経平均4万円への最大の課題は、5%台に落ち込んだROEの改善

東京五輪開催は濃厚。チャンスを活かし企業収益力を取り戻そう!

2021年2月12日「海外投資」出番ですよ!超長期50年物の米国債

イエレン財務長官は、前政権から引き継いだ50年債構想に意欲的

市場ニーズの薄い超長期国債の発行目的は、国家破たん処理か?

2021年1月29日「外国為替」トランプの影の新政府と通貨改革

反乱法に基づき首都封鎖を続ける米軍は、露骨な”反バイデン”

前大統領オフィスは、政府通貨”ケネディドル”の志実現を推進中

以前の記事一

------------------------------------------------------------------------------------------

わたくしどもアナリスト(証券アナリスト、投資アナリストなど)は、世界の経済を担う国々・企業・人びとの動向を踏まえ、市場の実態を調査のうえ読み解き、金融商品や為替を分析・評価しております。

当サイト(アナリスト工房の公式サイト)は、皆さんがアナリストの仕事を気軽に見学できる「工房」をイメージして立ち上げました。

その主要コンテンツは、次の分野の話題や時事問題を基本からわかりやすく解説した記事です。各テーマの現場と舞台裏を臨場感とともに取り上げながら、物事の本質と核心に迫ります。

【主要コンテンツ】

企業分析:決算書の見方と会計、企業価値の評価、ガバナンス改革など

外国為替:通貨の制度と体制、為替市場の動向、政策の為替影響など

海外投資:つかんでおきたい世界の情勢、市場動向、金融商品の仕組みなど

その他: 知っておきたい経済、政策・政治、国際関係など

どうぞ気軽に、わたくしどもの工房をご見学ください。

株式会社アナリスト工房(東京都千代田区)